日々、思う事を
by ssez
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
その他のジャンル
  • 掲載されている写真・画像の無断使用を禁じます。
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秋の夜長
f0011481_13442517.jpg

朝晩の冷え込み 日差しの暖かさ 温もり恋し ソコニイルコト


忍び寄って来た秋は、その気配を隠したまま、今度は冬が足音を立てながら近づいてくる。
秋は、行ってしまってから、確かにココにいたのだと主張する。
絵筆で色づけた様な木々の、足下にたくさんの枯れ葉を残して。



寒いですね〜風邪ひかれてませんか?
僕の周りは、体調不良を訴える者がちらほらと。。。
温かい鍋に、熱燗でもつけて乗り切りましょう(w

忙しいわけでは無かったのですが、ポツリポツリと頂いた仕事を終え、
ぽっかりと暇になってしまった。
仕事場(という名の部屋の一角)の片付けついでに、
ひとまとめにしてあったフィルムと、中途半端にプリントしては捨て置いた写真を見返していると、
大切な人をほったらかしにしている、無下に扱っている罪悪感。。。
まとめてみるか、暇だし。ということで、夜更かし週間の始まり(w
何故か写真は、夜の方が作業がはかどる。。。おかげですっかり昼夜逆転です。

まずは、別にしてまとめてあるフィルムを、スリーブへ戻す。
そしたら、だいたいの時系列順に並べ、連番を書き込む。
仕事のデジタル化のため、最近、使わなくなったライトボックスを引っ張りだし、
スリーブからフィルムを抜き出し、ホコリを落として、ライトボックスに並べる。
ガラス板で蓋をしフィルムを真っ平らにしたら、三脚を立てて、
垂直水平を取った真上からデジタルカメラで撮影。
パソコンに取込み、Raw現像。ネガ反転、レベル補正。
カラー、モノクロとも色を整え、連番を合わせて保存。
六つ切り〜A4くらいにプリントすると、
だいたいフィルム原寸サイズのINDEXの完成、いわゆるデジタルベタ焼き。
これにも番号をふり、フィルム番号と合わせてファイルに入れれば、
簡易アルバムの完成。

暗室で作業している人なら当たり前の事だけど、
暗室が無い身に取っては、明るい暗室でコレが出来ると整理が非常にラクチンです。
写真屋さんで付けてくれるINDEXじゃ、ちっちゃくて分からないからね。
ぱっと見て、何が写っているかすぐ分かる、これがとっても大事。

さらに、良いカットは、同様にしてマクロレンズで等倍複写。これで、スキャンも終了。
フィルムスキャナー等に比べると、画素数や取込んだ後の処理等、問題もあるけれど、
なんと言っても数秒で撮影、取り込みが出来てしまう事は便利。
画質的には、、、どうなんでしょ?>詳しい方、教えて下さい(w
けれど10年ほど前に、スペックの低いパソコンで、延々と時間をかけてスキャナで読み込み、
無い知識でアレコレいじった昔のデータよりは、よほど素性は良さそうです。

しかし、1本まるまる横位置写真だったり、今度は全部縦だったり、
日の丸構図のオンパレードだったり、ローアングルばかりだったり、
いろいろ撮って来たなぁ、と。まっ今も試行錯誤の日々ですけどね(苦笑

また、一本のフィルムを1コマ目から通してみて行くと、
その前後の出来事や、時間的、距離的な動きと、それにともなう気持ちの動き、
以前経験した感覚を、なぞるように、思い出すように、また新しく体験するように、
とても懐かしくも新鮮な体験でした。
写っていないものも、思い出すんだよね。

写っていたあの場所、あの時間には決して戻れないけれど、
また訪れて、見てみたい、今の僕の目で。
f0011481_14361847.jpg


明日から、安曇野スタイル開催中の晩秋の信州へ。
脳みそにたっぷりの刺激と癒しを。。。体にはまったりと酒と蕎麦も(w
誰か一緒に乗って行きます?
[PR]
# by ssez | 2008-10-29 15:05 | Cat
あの時のVTZ
f0011481_1905138.jpg

Life is what happens to you while you are making other plans.

星野道夫さんの友人シリア・ハンターさんの口ぐせ。
道夫さんの大好きな口ぐせ、です。

写真も人生も思い通りに行かないから、
予期せぬ出会いや出来事が、難しく、そして面白くしてくれる。

でも、大事なのは、やっぱり「while you are making other plans」
でしょう。分かってはいるつもりなのですが。。。

それと、忘れちゃいけないのは、
彼女は一言も、それが難しいとも、面白いとも述べていない事。
それは、「what happens to you」であって、それだけの事。
人生とはそういうものだ、ということ。
それを、どう受け止めて、どう次のplansを企てるか、、、
それも、また、人それぞれ、かな。

自分自身の中で、「そういうものだ」って思える事って、
思いのほか少ない。
けれど、「そういうものらしいね」っていうことばかり、
増え続けているようにも思います。

さぁ、next plansを練りましょう!!

f0011481_1913333.jpg

今日は先日、友人のBlogに書いたコメントをエントリーです。
手抜きでスミマセン(w
あの時は、彼に、そして今日は、僕に、この言葉を贈りたいから。


小学生の時から憧れていた男に、久々に昨日会った。
あれから、もう、長い月日を経て、
お互いに、周りの環境や、友人家族との関係、
仕事や遊び、自分自身の考え方も、いろいろ変化しているけれど、
あの頃のバイクに、あの頃の皮ジャンを着て走り去って行く姿は、
なにひとつ変わらなかったよ。
今、見るあなたの後ろ姿は、あの日より、かっこよかったぜぃ。
Thanks for TSUNENORI

今年は僕も、久々に皮ジャンだな(w
[PR]
# by ssez | 2008-10-06 19:21 | Cat
今日は日暮れから雨が降るらしい
f0011481_21291587.jpg

結論を大切にすること 結論への道のりを大切にすること
どちらも大切 
けれど
一番大事なのは 
なぜ 大切にしたいと思うか その気持ち
[PR]
# by ssez | 2008-10-05 21:50 | Cat
Season's Greetings
f0011481_1165320.jpg

f0011481_23183393.jpg

Have a Great Autumn '08 and Happy Holidays !!

天高く 俺肥える秋 by コイデマサト
↑彼は僕の大学の同期、呑み仲間です。
以前もご紹介いたしましたが、呑むと真っ先にろれつが回らなくなるくせに、
DJ、アナウンサーをやってます。
和洋問わず音楽の知識、センスは抜群。気持ちのいい奴です。
葛飾辺りの方は是非ご愛聴を。

shashinnojikanさんは僕の兄弟子であり、
数少ない同業の先輩であり、戦友、そして茶飲み友達。
どこまでも温厚で、愛に満ちあふれた視点がたまらなく大好きです。

とるてんさんの圧倒的な行動力と、笑いが絶えない劇場型文章力には、度肝を抜かれっぱなしです(w
スィーツやラッピングの経験も深く、
その写真、ライティング、プリントへの探究心は、時として無策な僕を苦しめます(苦笑
学ぶべき姿勢だらけの、行動派ねぇさんです。

クマさんは以前のエントリーにもありますが、安曇野の水先案内人、そしてPhotographer。
僕の呑み仲間。そして、写真を仕事にするきっかけになった男。
まっすぐで気持ちのよい男です。
現在、彼と悪だくみ中。いいものが出来るといいな。

ゆかっぺはクマさんと同じ安曇野の水先案内人、そして「てずくなびと」。
現在、船は降りているけれど、フィールドワークに活躍中。
しかし、そのフィールドワークからは想像できないくらい、
繊細で、根気のある手芸作家さんです。
古布を使った作品の、色、艶、またそのバリェーションの多さ。素敵です。

らっこ☆彡さんは実の兄。
車、パソコンに関する事は、ほとんど兄に教わりました。お世話になっています。
現在も、↑のサイトにて、WRCラリーの速報をはじめとして、
NEWS、小ネタ、まめ知識等を独自の視点で紹介しております。
いくぶん、(というかだいぶ)趣味に走っていますが、
まぁ、そもそもBlogはそういうものですし(w
WRCと国防に興味のある方は是非(w

MARさんは北九州から東京へ、猫の写真家です。
彼の猫の写真への熱い想いに、多くの写真家が影響を受け、事態は動き始めています。
現在、「東京猫語り」なるサイトを立ち上げ、
3人の猫写真家がそれぞれの視点で猫を捉えています。面白い。
MARさんの撮る写真は、距離や、切り取り方が僕に似ている。
初めて見た時は、「いつか僕がどこかで撮るだろう」という写真を、
撮られてしまったような、悔しさと興味が渦巻きました。
会ってみれば、やっぱり似てるかな(w>ビール好き
もれなく呑み仲間です(w

HOSHINOさんは、MARさんと共に「東京猫語り」を展開されている写真家。
今までに見た事の無い視点、距離で猫を捉えています。印象派。
一度みたら忘れられないんじゃないかな。強烈に印象に残る写真です。
そして、とてもダンディなおじさまでもあります(w

SONEさんはMARさんのご紹介でお会いした猫写真家。
けど、驚くべきは、大学の、しかもマイナーなサークルの先輩だった事。
サークルの部長だった、たろーさんにも以前、聞いてはいたのですが、
まさかこういう形で繋がるとは。
ちなみに冒頭に書いたコイデくんもたろーさんの紹介。
人の縁とは、かくも不可思議か。と同時に、たろーさんの人脈に驚愕(w
SONEさんは、また別媒体同業者なので、猫、のみならず、業務、
公私ともに教えを頂く事が多そうです。よろしくおねがいいたします。
なんにせよ、呑んべぇ繋がりということで(w
飄々としつつ、志の燃える眼差し、素敵です。

ピュンピュン丸さんも、MARさんのご紹介でお会いした猫写真家。
本職はデザイナーさんということで、POPな感覚での作風は秀逸。
お話も楽しく、ムードメーカー的存在です。
そして、またこれが呑んべぇ仲間(w


こうやって見ると、呑み仲間ばかりのような。。。(w

と、言うわけで、今晩は、最近、新しくリンクを貼らせて頂いた方も多いので、
皆さんのご紹介をさせて頂きました。

今後とも、よろしくお願いいたします、ね>みなさん
f0011481_2319958.jpg

[PR]
# by ssez | 2008-09-23 00:38 | Cat
そくせき
f0011481_22202543.jpg

後になって愛しいのは 残したくて仕方の無かったものより
残ってしまった 燃えかすの様な記憶



気づいたら、もう9月も下旬への階段を。。。
あ〜、SONEさん、Marさん、はじめ諸先輩にあきれられとる。。。(苦笑

暇だったわけではないんです、
いや、時間はあったんですけれど(それを世間では暇というかも)

初の東北。蔵王エコーライン。お釜。山形蔵王。宮城蔵王。
蔵王温泉。七ヶ宿。振り袖観音。
SUZUKI DR400。
初の四国。高知龍馬空港。はりまや橋。路面電車。
ヒロメ市場。塩タタキ。うつぼ。土佐鶴。どれも美味!

初のETC。
初のレンズ落下修理。
初の第2子懐妊。
さいたま子供自然動物園。やぎ。フクロウ。牛。
ほんわりと過ごす日差しの強い秋の一日。
いつもの月末自転車操業。
バタバタと過ごす肌寒い秋の一日。

こうしている間にも、時間は進んでいて、
パソコン見てるくらいなら、寝顔見に行かなきゃな、と(苦笑

今、目の前にあって、見過ごしているけれど、
ものすごい時間の流れに乗って、
変わりゆく、消え行く何かを、実は目の当たりにしている、
その無力感。
日々のルーティンワークの中で、見ないふりをしている、それこそを、
本当はもっと見つめ続けなきゃ行けないんだろうな。
ごめんよ、娘。

一期一会。
だからこそ。目の前にいる人とは、
どういった状況でも、まっすぐに向き合いたい、よね。

四六時中、モニタに向かう自分に自戒の念を込めて。

f0011481_22213279.jpg

[PR]
# by ssez | 2008-09-18 22:59 | Cat
September Blue
f0011481_21313013.jpg

September Blue 人が季節の移ろいを目で感じるのは 空からかもね
圧倒的な存在で けれど存在を決して主張しない
変わらないようでいて 毎日 変わる 少しずつ
空 雲 風 空気 僕らもまた 空の下にいる
f0011481_2131527.jpg





September Blue と、いいつつ、
カラーフィルムを1本も待って行かなかった僕(苦笑
はは、まぁ、いいじゃないですか。そういうつもりだったのだから。

多くの人と出会い、多くの刺激を受け、また、
火の車になってもなかなか尻に火がつかない僕を、
奮い立たせ、揺さぶり、時に強烈なボディブローを見舞うような
そんな夏です。。。9月だけど、まだ夏です(w

なんかね、最近、そういった繋がりを持つ人々、
その繋がり一つ一つが、とても愛おしい。
今でもフケ顔の若輩者ではあるけれど(w、もっともっと若い頃は、
出会いや出来事は必然で、
その一つ一つには必ず大切な意味がある、
そう信じていた。

でも、必然であることって、とても少ない。
本当は全ての出会いや出来事は偶然でしかない、
意味なんか用意されてはいない。
その驚くべき偶然と、奇跡的な交差と、どう向き合って行くか、
自分がそこにどんな意味を見出せるか、それが大事だ。
、、、というか、大げさに言えば、
それが生きて行く事のひとつの側面なんじゃないかな、と。
もう一つの側面は、いわずもなが、自分自身とどう付き合って行くか。

まぁ、お酒呑み過ぎて頭痛いとか、タバコ吸い過ぎて気分悪いとか、
そーゆーのは必然ですけれど(苦笑




f0011481_2132643.jpg

通り過ぎてしまいそうな一瞬に こうして交われる事は
本当に奇跡的な事
けれど その一瞬は やっぱり一瞬で通り過ぎてゆく
f0011481_21322033.jpg

だからこそ 大事にしたい

Thanks for shashinnojikanさん 合宿計画、練り直しましょう(w
Thanks for zushoさん お世話になってます!件のRallyDVDは次回!
Thanks for MARさんピュンピュン丸さん&SONEさん
 強烈に、猛烈に、お尻、突つかれてます(w 
 猫、のみならず様々な面でよろしくお願いいたします!!
 けど、できれば、次回は安い酒で。。。(苦笑
Thanks for 妻、そして、本日BirthDayの娘
 二人がいて、家族、です。感謝。いつもありがとう。

9月の涼しい夜風の中で そんな事を思うよ。
斉藤和義の「空に星がきれい」をくちずさみながら♪
[PR]
# by ssez | 2008-09-05 22:49 | Cat
夏の終わり
f0011481_21361767.jpg

夏の終わりは秋の始まり でも やっぱり違う風 違う匂い
どうも違うみたい 季節は終わらない でも確実に時間は移ろっている


8月は大好きな季節。誕生月。
今日でおしまい。明日から9月。

今年の8月は暇で暇で(苦笑
佐世保へ行ってきました。

東京駅。N700。駅そば。特急みどり。
精霊流し。爆竹。灯籠流し。佐世保ラーメン。ささいずみ。
甥っ子、姪っ子、いとこ、おじさん、おばさん、おばぁちゃん。
福石観音。五百羅漢。首無し地蔵。
若葉町。福石町。山祇町。潮見町。須田尾町。白南風町。逢坂町。稲荷町。
3つのお墓。お盆。マニュアル5速。
f0011481_21373526.jpg

坂、階段、坂、坂、坂、坂。
迷子、路地、夕暮れ。
朝陽、朝霧、夕立ち、星空。
マニュアル露出、マニュアルフォーカス、標準レンズ、モノクロフィルム。
ブランク。原点回帰。
f0011481_21374740.jpg

感謝。

生きている実感を味わう日々でしたょ。

Thanks for YUUSUKE & TAKAAKI
Thanks for 叔父さん、お義母さん、お義父さん
Thanks for きぬぉばぁちゃん
Thanks for 妻と子

Thanks for MAR & HOSHINO(敬称略)

天候不順が続いているけど、
みな無事に、元気で、気持ちのよい9月の日々を。

僕は明日から蔵王。
晴れるといいな。
[PR]
# by ssez | 2008-08-31 22:05 | Cat
夏の夜は。
暑中お見舞い。。。どころか暑苦しくも長い話ですみません。
と、最初に謝っておきます(苦笑

夏の夜長に、なんとなく。徒然なるまま思うまま。
お暇なら、お付き合い下さいませ。




三種の神器。
それは高度成長期の日本において、冷蔵庫、洗濯機、テレビ。
当時は、これらの家電製品を持つ暮らしに皆憧れ、
それらは一般家庭に広く普及して、今じゃ、ごくごく当たり前の家電製品。
洗濯機で汗だくの衣類を洗っている間に、冷蔵庫で冷えた麦茶に氷を入れて、
近くて遠い北京オリンピックをリアルタイムで観戦してる。

30も半ばを迎えようとする僕が生まれた家庭でも、
これらは当たり前にあるもので、何の不思議も無ければ、
そこに何の感謝も感動も無い。

僕が生まれ、育つ中で、急激に広まり、そして当たり前になったもの。
携帯電話、パーソナルコンピューター、コンビニエンスストア。
子供の頃は、これらは夢の、それこそ漫画で見た必殺技の様なもの。

携帯電話は、大学生の時、かな。
なにか契約だとか、常に携帯する、電話が付いてくる感じだとかが、
たまらなく不快で、またバイクにドップリ夢中だったこともあり、
雨の日、台風の日、携帯電話気にしながら出かけられるかっ、、、と、
頑に持たない暮らしにこだわっていたけれど、防水携帯が出たことで、
あえなく、その恩恵に(苦笑)

パソコンも大学生の時。卒業論文を書くために、仕方なく導入。
もちろん、手書きでも良かったのだろうけれど、その気概は、無かった(苦笑
そんなもの無くても、暮らして来たんだし、
無きゃ困る人もいるだろうけれど、無くて困らん人もいる。
僕は、一生、パソコンなどとは無縁な暮らしを送るのだ。
なぁんて思っていたけれど、あれれれ、今じゃ、ドップリ依存症気味。

コンビニは、うーん、、、いつだったかな、
小学生の頃は無かった様な、、、否、行かないだけか、その頃は、まだ。
駄菓子屋には、毎日のように通ったなぁ。
中学生の時にはあった、今ほどじゃないけれど。
いつの間にか,今では、日に一度くらいは立ち寄る場所になっている。
それも、いつも同じというわけでもなく、どこか、行った先、あった所で。
買うものは主に、タバコ、飲み物。
ご祝儀袋と筆ペンとか、切手とか、急に必要になったものも買いに行く。
学生時代は、よく電話代とか、払いに行ったなぁ。

僕らより上の世代は、それらが無い時代の暮らしを良く知っている。
親父たちの世代は、さらにその昔、三種の神器すら無い時代を生きている。
僕らより下の世代は、携帯、パソコン、コンビニの無い時代を知らない。
あることが普通、無いことが異常と感じるほど行き渡った暮らしの中にいる。

そのギャップを、過渡期を過ごしている僕らは、どう感じて行けばいいのだろう。
そのギャップを、今、未だ、変容する暮らしやコミュニュケーションの渦中で、
どう考え、また、どう表現して行けばいいのだろう。

変わることが常とされるこの暮らしの中で、
変わらないものに強く魅かれてしまうのは、そんな不安からかな、と。
f0011481_3283793.jpg


変わることが悪いと、進歩や発展を安易に批判したいわけでも、
昔は良かったね、と懐古主義に浸りたいわけでもない。
けれど、変わりゆくこの世界の中で、自分がどう変わっていくか、
そして、どう係っていくか、常に意識してしまう。

道はどこまでもアスファルトに覆われていて、
横を見れば電線がどこまでも着いてくる。
町は、どこに行っても、どこまで行っても同じ様相で、
まるでどこにも行っていない様な気分。

住んでる人は、僕らが思うより大変ではないのかもしれない。
住んでる人は、僕らが思うより大変かもしれない。
それは、わからないけれど。

いいのにね、
新鮮な魚が食べれない場所があっても、
他所より暑い場所があっても、
雪で身動きがとれない場所があっても。
いいのにね、当たり前なんだから。

そこには、そこにしかない苦労があって、
そこには、そこにしかない良さがあって、
そこには、そこだからこそ知恵を出し合ってきた暮らしがあって、
そこには、そこにしかいない人がいる。

”グローバルな視点なんて、都合のいい目隠しだろっ”
、って、マーシーが、10年くらい前に歌っていた。
今、その気持ちが良くわかる様な気がする。
同じである必要って、隣の芝生がいつだって青く見えていただけじゃないのか、と。
f0011481_259204.jpg

空を見上げれば、そこはいつだってグローバルなのに。




追伸 それにしても室外機。世の中の暑さの半分は室外機が原因じゃないか?
  そりゃ、絶対必要なところもあるだろうけれど、
  全部が全部、本当に必要なのかな。
  いっそ、暑くても室内機にしてしまうとか(w
  外に、他所に、うちじゃないどこかに、ってのは、今時分、まずいよね。
  自然環境は、どうも僕らが思ってきたほど、タフではないようですし。
f0011481_2563345.jpg

  それと、この画一的で、面白くないデザイン。なんとかならんだろうか。
  邪魔にならない,主張しないことを目指しただろうデザインも、
  これだけ並ぶと、うっとぉしい(苦笑)


f0011481_2573993.jpg

え?うち?。。。。
うーん、まぁ、なるべくつけないようにはしています、ハイ(苦笑

真夏の夜の愚痴でした(w
[PR]
# by ssez | 2008-08-10 03:30 | Cat
HomePage引越、リニューアル
f0011481_21581736.jpg


HomePage、と言っても、このBlogよりも長期間放置状態でしたが、
なんとなく、いじってみました。
もう少し、見せること、見てもらうこと、考えないとなぁ。

これに伴い、アドレスが変更となります。
StillALiveです。よろしくお願いいたします。
このBlogのサイドバー「リンク」からも行けます。

このBlogは、はい。まぁ、こんな調子で(苦笑
今後とも、よろしくお願いいたします。

f0011481_2158377.jpg

お金がない上に暇なときは、部屋にこもってこんなことばかりしてますょ(苦笑
ちゃんと、外の空気吸わないとね〜
[PR]
# by ssez | 2008-07-23 22:09 | Life
イマジン
f0011481_21564450.jpg

遠くを見れば 果てしない距離
動くものを見れば 果てしない距離

目の前を見れば それはココにあるけれど
近くのものだから身近である訳じゃぁ無い

イメージできる事、イマジン、
限りなく広がる世界観と、ここでは無いどこかの現実

f0011481_21565830.jpg

[PR]
# by ssez | 2008-07-17 22:03 | Cat