日々、思う事を
by ssez
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
その他のジャンル
  • 掲載されている写真・画像の無断使用を禁じます。
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Cat( 52 )
変化
f0011481_23585871.jpg

熱い想いと強い決意をその眼に宿していても 
その怒りに身の毛が逆立つほどの思いでも

眠るときくらいは眉間のしわをどうにかしようよ
いい夢見ようよ 起きてる時も 寝る時も
f0011481_2359811.jpg





お久しぶりです、ジメ〜ッとしてます。
6月は仕事は暇でした。けど、たくさんの人と会って、過ごしたかな。
初めてだったり、久々だったり。いい出会い、いい再会でした。
みんな、いろいろ頑張ってるなぁ、僕もやることやらなきゃな。

仕事用、普段用、両方のカメラに付けてるストラップ。
学生時代から10年以上ずっと、同じのをボロボロのまま付け続けて来たんですが、
ふと、変えてみた。全然違うものに。なんとなく。

猫を撮影するのに普段使いのカメラに付けているレンズ。
これも学生時代から50mm程の明るいの(いわゆる標準)を、変えずに付けていたんですが、
ふと、全然使っていなかった105mmを付けて街に出てみた。
悪く無い感じ。しばらくはこれを付けっぱなしで常用してみようかな。

憧れのコンパクトカメラ、リコー、GR1を中古で買った。
これも、もう10年以上前のフィルムのカメラ(笑
それほど撮影をしない妻が、もっと子供を上手に撮りたい、といったので。
あくまで妻用(w)でも借りて、持ち歩いてみたくなるね、これは。

タバコの常習を止めてみた。
「禁煙」とかいうとストイックなんで嫌ですけれど(苦笑)
もう10年以上、毎日欠かさず、ということを変えてみる。割と面白い。
考え方の起点が違う感じ。

なんだかね「新鮮」な6月でした。
今日から始まる7月。いよいよ日差しも夏本番かな。
新しいことを始めるにも、根気よく継続してゆくにも、
新鮮な気持ちで臨めるといいよね。いい夏にしよう。

f0011481_1244544.jpg

居心地のいい部屋の奥で、朝から晩までモニタに張り付いてる生活も変えなきゃね
Blogの更新もまめにしないのに(苦笑
[PR]
by ssez | 2009-07-01 01:28 | Cat
あぁ〜そうなのか そ〜ゆ〜ことなのかっ
f0011481_1122165.jpg

誰にだって母さんがいて 父さんがいる

好きとか嫌いとか 望むとか望まないとか 
今いるかいないかとか 一緒にいるかいないか では無く

母さんと 父さんがいるから ここにいる
その母さんと父さんにも それぞれ母さんと父さんがいて 
その母さんと父さんにも 母さんと父さんはいる

もしもそのうちの誰かがいなかったら 
その後は 僕はいなくて 違う誰かだったか 誰もいないか  

あたり前のことだけど あたり前のことだから
ふと思うと それって奇跡

f0011481_1133592.jpg

人の人生 生き急いだって 長生きしたって 限られた時間

その時間より前に生きていた人とは けんかも出来ないし
その時間より後に産まれてくる人とは 握手も出来ない

同じ時間の中にいる人 手を休めて お茶でも呑みません?
[PR]
by ssez | 2009-06-10 01:32 | Cat
お知らせ
f0011481_10333764.jpg

いたずらに動き回っても仕方ない 果報は寝て待つものさ
やることやって その後に ね





あぁ、耳が痛い(苦笑


さて、お知らせです。

猫写真の印象派、巨匠Hoshinoさんと、僕の大切な友人MARさんが参加し、東京の猫の姿を捉える
東京 猫語り写真展が本日より開催されています。
場所は、渋谷
Gallery LE DECO
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル
TEL:03-5485-5188
会期は本日、5月12日から17日の6日間。

星野さんの、目の奥に飛び込んで来て視線を離させない色と動きの空間
メンバーの原さんの、当たり前の中で、見落としている、はっとさせられる情景
MARこと池口さんの、共にその場にいる臨場感と、一瞬でしかないその出会いの刹那
彼らが3人展という形で、同じ空間に紡ぎだす物語。
僕も、今日、行ってきます。とても楽しみです。

猫好きも、写真好きも、またそうでない人にも、訴えるものがある、そんな展示だと思います。
お時間ある方は、否、お忙しい方も、是非、時間を作って足を運んでみて下さい。
きっと、素敵な出会いがあります。


。。。自分の方は、というと。相変わらずのまま。
なんとも、3人の行動力と、その内容に驚嘆しつつ、
自分の決断力の無さ、歩みの遅さを痛感しています。置いてけぼり(苦笑

でもね、伝えたい想いがある、期待してくれている人がいる、その想いが、
カメラを片手に町に出て行くことを、楽しくさせてくれてるんです。
もちろん、その刹那の出会いの中での、また、写し取ったその姿を写真とすることでの、
代え難い経験が、僕にとって、今までもこれからも、大切なものなんだよ。
きっと、木々に雨が降り注ぐように、当たり前の様なことなのだけれど、ね。

友の写真展に刺激を受けて、また僕もがんばろう。

f0011481_10353775.jpg

今から会いに行くよ 君が元気か この目で見たいから
僕が 元気だと 君に伝えたいから


先日からのエントリーでもそうですが、ここのところ生と死の間でバタバタしてます。
昨日まで病気とは無縁だった人が病に倒れたり 
新たな命を授かりました、という吉報を耳にしたり、
。。。そして、多くの方がコメントや記事を残しておりますが、
サンキューベイベー、KIYOSHIROU 愛してるぜ。

5月の曇天、トランジスタラジオを口ずさみながら。
[PR]
by ssez | 2009-05-12 11:58 | Cat
知るを楽しむ
f0011481_23521281.jpg

いつからだろう 知らないことを恐れるようになったのは
いつからだろう 知っていることだけで 知らないものにフタをしだしたのは
世の中は 知らないことの方が圧倒的に多いというのに



某国営放送の番組タイトルですね、いい番組です(w

珍しくも連投、日々更新。
いいもんですね、、、たまには(笑
ゴールデンウィークスペシャルということでお楽しみ下さい。

先月末に、人と会い、話し、呑んで、なんとなく頭にひっかかっていたこと。
今週、子供と話していて、ふと気付いたことに結びついた感じ。
自分の知っている世界の中にだけいることが、どれだけぬるま湯なのか、痛感。
言うは易し、行うは難し、ですが、
自分自身に素直になれていないな、と、はたと思うゴールデンウィークでした。

f0011481_0135533.jpg

そろそろいかなくちゃ 先は長いから
[PR]
by ssez | 2009-05-06 00:21 | Cat
同じ
f0011481_0302253.jpg


色が違っても 見つめる先が違っても 同じ場所に 今 いること
同じということ 素敵なこと
[PR]
by ssez | 2009-05-05 00:48 | Cat
12月
f0011481_22584346.jpg

僕らにはわからない わからない それでいい それでいいんだよ
全てがわかったら きっと つまらないさ




12月 12月 訳も無く髪なんか伸ばしたり したくなったりもするんだよ by CARAVAN
年末進行で忙殺されていますか?。。。僕は暇です(苦笑

えーと、尻を叩かれっぱなしです。
相変わらずの牛歩の更新、来年は丑だし、まっいっか(w

読んでくれて、楽しみに思ってくれている、と、言ってくれる人の期待に応えたい気持ちと、
こうして気ままに書く気持ち。
期待に堪える応えるために書くにあらず、な気持ち。
でも、「楽しみ」っって、言ってもらえる事は、本当に嬉しい事で。
何かをする、その結果、というものは凄いものだ。ありがとう>>ALL

12月、ですね。
今年は、仕事に関しては、ひとつレギュラーを頂けて、
しかし、そのレギュラーだけでは、やはり路頭に迷う中、
単発的にいくつか仕事を頂けて、、、なんとかかんとか、全員無事に生きてます。
風邪ひとつひかない、病院と縁遠い健康さだけは、うちの家族の唯一の自慢です(w

先日、Nikonから新しい高性能カメラが発表されました。
その数日前にはCANONから中堅カメラが発売。
今日、ここで機材の話をしようとは思わない。
ただ、自分も含めて、機材の沼に、いや今や、沼というより寄せては返す波。
その波は乗りこなさなきゃ行けないけれど、本当に無理して乗るべきなのか、
はたまた、その波が求めていた波なのか、見極めが難しい。
全部のって、その上で判断できれば、まぁ、リスクは無いけれど、
皆が皆、全部の波に乗れるほど、お金はもっていないよ。
デジタルの可能性への期待と、抵抗感、しかし必要とされる、そのハンドリングの良さ。

。。。って、新しいものを、可能性を期待して、追いかけて行く、その姿勢を思った時に、
30〜40年前のカメラマンも同じ思いでいたのかな、ってふと思った。
ライカから始まった、今の一般的なフィルムの普及、
それを取り込みながら、自動巻、連射、速写、自動露出、自動ピント合焦。。。etc
各社、しのぎをけずりながら、フィルムカメラは、今、完成の域に達している。
その特性、限界を超える事無く、デジタルカメラに、主なマーケットを譲りながら。
それを、ずっと、じっと、見続けて来たんだよね、先人は。

今こうして、フィルムとデジタルの両方を、仕事の現場で使わせてもらっている。
フィルム環境と、デジタル環境、両立せねばならない。
それは、精神的にも、経済的にも(←これ特に)つらい部分が大きいけれど、
この両方が共存している時代は(少なくとも主だった仕事では)今だけ、かな、と。
貴重な時間、経験を過ごしている訳だ。
同時に、デジタルカメラも、各社、ユーザーも、どうしていいか分からない中、
方向性を手探りで進んでいる。フィルムの時と一緒、だ。
面白い時代にいるのかもしれないな、と。

そう思うと、今月買う予定だったカメラが買えなくなっても、
まっ、いいかーと思える気がするさ(笑
どうです?>>カメラマンの皆様
。。。あっ、えーと、厳しいご意見は無しで(w

f0011481_03555.jpg

残す事を思い 残す事を目的として来たけれど
僕は ここに こうしている それだけで いろいろなことを 残している
残したいもの だけでなく 残したくないものまで
それが ココニイル という ことなんだろうな きっと

しわしわで、でもギュッっと凝縮されたドライプチトマトを食べながら、
キヌさん、あぁ、これが、若さでは伝えきれない何かなのかな、と、思ってみたり。
Japanese Whiskyと共に、佐野元春のLive Album「The Golden Ring」を聴きながら。
[PR]
by ssez | 2008-12-03 00:13 | Cat
流れ星ひとつ
f0011481_913122.jpg

言葉で伝わる事なんて これっぽっちしかないのだ
これっぽっちに 一喜一憂


11月も、もう半ば。今週を終えると一気に年末モードですね。早い。
年末進行で忙しい方々を尻目に、こちらはボチボチ進行です、
まっ暇です(苦笑

と、いうわけで、読書でも、と書店に行って手に取ったのは、
養老孟司、宮崎駿 著「虫眼とアニ眼」新潮文庫。
内容は、お二人の何度かの対談を記したものです。
二人とも、歯に衣着せぬ物言いが気持ちよい方なので、読み進めるのが楽しいです。
言いたい放題(笑)だけど、下品じゃないし、理屈や考えにいちいち共感しつつも、
「理屈と膏薬はどこにでもつく」「自分の理屈を一番信用してない」って
言ってる本人が言い放ってしまうし(w
理屈抜きで楽しめました。

印象的だったのは、
「お子さんに、となりのトトロを見せるのは年に1回にして下さい」と。
「1回見ただけだったら、ドングリでも拾いに行きたくなるけど、
ずっと見続けてたら拾いになんか行かないですよ」(抜粋)

。。。うちも見てますって、そりゃもう何度も(苦笑
お子さんのいる所は、多いんじゃないかな、ビデオを見せて、その間に仕事したり、家事したり。

大事なのは、実体験。
言葉や写真、映像、それらが伝えるものは多いけれど、
それは感覚を端的に削ぎ落として、辿り着く表現の極み。
実際に見て、聞いて、触れて、感じることから得る、圧倒的な感覚、感情の洪水にはかなわない。
喜びも悲しみも、痛みも快感も、バーチャルじゃ駄目なんだ。
人が、そういった表現を見て感動するのは、
以前、自分自身が実際に体験した感情、感覚をなぞるように再び経験するからなんじゃないかな。

また、ちょっと書き過ぎた(w
最近、ちょっと言葉で話しすぎる、理屈っぽすぎるね。
もう少し、削ぎ落として行かねば。。。

まっ、元来、理屈っぽい男ですけどね(苦笑


11月13日 22:38 満月が真上に昇る明るい夜 南東の低い空に大きな流れ星
以前の様な勢力は無いそうですが、今晩17日の深夜が見頃らしいですよ、獅子座流星群。
暖かい格好に、暖かい飲み物と共に、ね。
f0011481_9133853.jpg

[PR]
by ssez | 2008-11-17 10:25 | Cat
キヌさん
f0011481_22395574.jpg

伝えきれぬ想いは 地に落ち 匂い やがて新しい芽に。
僕のへこたれた気持ちは まるでこの銀杏のように。



帰京しました。
晩秋の安曇野は天気にも恵まれ、大気が入れ替わるその時期を、
久々に肌で感じることが出来ました。
詳細は、気が向けばまた後日(苦笑

今は、佐世保から妻のおばぁちゃんが上京中。
数え94歳。
毎年、娘、孫、ひ孫に会いに上京して来てくれるおばぁちゃん。
ほんとは、こっちから会いに行きたい、行かねばならぬのに、
待ちきれず夜行バスに乗り、新幹線に乗り、
会いに来てくれる可愛いおばぁちゃん。
キヌさん、本当にありがとう。

今日は、おばぁちゃんの娘2人、その娘2人、さらにその娘3人。
娘、孫、ひ孫合わせて女8人、それはそれは楽しい宴でした。
男衆はそのパワーに圧倒されっぱなしでしたょ(w

あなたがいるから みんないる

そう思うと 僕がいる そのことにも自信が持てます。
そして漫然とただ いる のではなく 懸命に いる ことの大切さ難しさ。
あなたの笑顔には到底かないませんが 僕も一生懸命、楽しみたいな、日々を。
f0011481_23433073.jpg

[PR]
by ssez | 2008-11-08 23:54 | Cat
秋の夜長
f0011481_13442517.jpg

朝晩の冷え込み 日差しの暖かさ 温もり恋し ソコニイルコト


忍び寄って来た秋は、その気配を隠したまま、今度は冬が足音を立てながら近づいてくる。
秋は、行ってしまってから、確かにココにいたのだと主張する。
絵筆で色づけた様な木々の、足下にたくさんの枯れ葉を残して。



寒いですね〜風邪ひかれてませんか?
僕の周りは、体調不良を訴える者がちらほらと。。。
温かい鍋に、熱燗でもつけて乗り切りましょう(w

忙しいわけでは無かったのですが、ポツリポツリと頂いた仕事を終え、
ぽっかりと暇になってしまった。
仕事場(という名の部屋の一角)の片付けついでに、
ひとまとめにしてあったフィルムと、中途半端にプリントしては捨て置いた写真を見返していると、
大切な人をほったらかしにしている、無下に扱っている罪悪感。。。
まとめてみるか、暇だし。ということで、夜更かし週間の始まり(w
何故か写真は、夜の方が作業がはかどる。。。おかげですっかり昼夜逆転です。

まずは、別にしてまとめてあるフィルムを、スリーブへ戻す。
そしたら、だいたいの時系列順に並べ、連番を書き込む。
仕事のデジタル化のため、最近、使わなくなったライトボックスを引っ張りだし、
スリーブからフィルムを抜き出し、ホコリを落として、ライトボックスに並べる。
ガラス板で蓋をしフィルムを真っ平らにしたら、三脚を立てて、
垂直水平を取った真上からデジタルカメラで撮影。
パソコンに取込み、Raw現像。ネガ反転、レベル補正。
カラー、モノクロとも色を整え、連番を合わせて保存。
六つ切り〜A4くらいにプリントすると、
だいたいフィルム原寸サイズのINDEXの完成、いわゆるデジタルベタ焼き。
これにも番号をふり、フィルム番号と合わせてファイルに入れれば、
簡易アルバムの完成。

暗室で作業している人なら当たり前の事だけど、
暗室が無い身に取っては、明るい暗室でコレが出来ると整理が非常にラクチンです。
写真屋さんで付けてくれるINDEXじゃ、ちっちゃくて分からないからね。
ぱっと見て、何が写っているかすぐ分かる、これがとっても大事。

さらに、良いカットは、同様にしてマクロレンズで等倍複写。これで、スキャンも終了。
フィルムスキャナー等に比べると、画素数や取込んだ後の処理等、問題もあるけれど、
なんと言っても数秒で撮影、取り込みが出来てしまう事は便利。
画質的には、、、どうなんでしょ?>詳しい方、教えて下さい(w
けれど10年ほど前に、スペックの低いパソコンで、延々と時間をかけてスキャナで読み込み、
無い知識でアレコレいじった昔のデータよりは、よほど素性は良さそうです。

しかし、1本まるまる横位置写真だったり、今度は全部縦だったり、
日の丸構図のオンパレードだったり、ローアングルばかりだったり、
いろいろ撮って来たなぁ、と。まっ今も試行錯誤の日々ですけどね(苦笑

また、一本のフィルムを1コマ目から通してみて行くと、
その前後の出来事や、時間的、距離的な動きと、それにともなう気持ちの動き、
以前経験した感覚を、なぞるように、思い出すように、また新しく体験するように、
とても懐かしくも新鮮な体験でした。
写っていないものも、思い出すんだよね。

写っていたあの場所、あの時間には決して戻れないけれど、
また訪れて、見てみたい、今の僕の目で。
f0011481_14361847.jpg


明日から、安曇野スタイル開催中の晩秋の信州へ。
脳みそにたっぷりの刺激と癒しを。。。体にはまったりと酒と蕎麦も(w
誰か一緒に乗って行きます?
[PR]
by ssez | 2008-10-29 15:05 | Cat
あの時のVTZ
f0011481_1905138.jpg

Life is what happens to you while you are making other plans.

星野道夫さんの友人シリア・ハンターさんの口ぐせ。
道夫さんの大好きな口ぐせ、です。

写真も人生も思い通りに行かないから、
予期せぬ出会いや出来事が、難しく、そして面白くしてくれる。

でも、大事なのは、やっぱり「while you are making other plans」
でしょう。分かってはいるつもりなのですが。。。

それと、忘れちゃいけないのは、
彼女は一言も、それが難しいとも、面白いとも述べていない事。
それは、「what happens to you」であって、それだけの事。
人生とはそういうものだ、ということ。
それを、どう受け止めて、どう次のplansを企てるか、、、
それも、また、人それぞれ、かな。

自分自身の中で、「そういうものだ」って思える事って、
思いのほか少ない。
けれど、「そういうものらしいね」っていうことばかり、
増え続けているようにも思います。

さぁ、next plansを練りましょう!!

f0011481_1913333.jpg

今日は先日、友人のBlogに書いたコメントをエントリーです。
手抜きでスミマセン(w
あの時は、彼に、そして今日は、僕に、この言葉を贈りたいから。


小学生の時から憧れていた男に、久々に昨日会った。
あれから、もう、長い月日を経て、
お互いに、周りの環境や、友人家族との関係、
仕事や遊び、自分自身の考え方も、いろいろ変化しているけれど、
あの頃のバイクに、あの頃の皮ジャンを着て走り去って行く姿は、
なにひとつ変わらなかったよ。
今、見るあなたの後ろ姿は、あの日より、かっこよかったぜぃ。
Thanks for TSUNENORI

今年は僕も、久々に皮ジャンだな(w
[PR]
by ssez | 2008-10-06 19:21 | Cat