日々、思う事を
by ssez
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
その他のジャンル
  • 掲載されている写真・画像の無断使用を禁じます。
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ありがとうございました
f0011481_22101354.jpg

11月3日、昨夜降った雪を冠した常念、有明、北アルプス。個展終了後の満月の光。




安曇野スタイル期間中の、わんだぁえっぐでの展示、終了いたしました。
期間中は、
晴れ、時々曇り、のち雨、風、暴風、風雪、その後雪、過ぎて満月。
晩秋の信州から初冬へと、季節の移り変わりを肌で感じてきました。
焚き火番をしつつ楽しくも、過酷な4日間でもありました。

この場所は、朝陽があたり、夕陽もあたる場所。
刻一刻とかわる陽の光。風に揺れるテント、雨粒が包み込む静かな世界。
見る時間や、天候によって、こうも印象がかわる展示。
毎日、新鮮でわくわくした気持ちで、その時間を過ごしていました。

期間中、多くの方、遠方からも多数の方にご来場頂き、
展示を見て頂く事ができ、あの空間で時間を共有する事ができたこと、
本当に嬉しく思っています。ありがとうございました

f0011481_0101710.jpg

f0011481_044611.jpg



この展示には余談がありまして、
会期前日の夜、遅くまで準備をしている中、会場のテント内には1匹の猫。
普段は、そう見かけることもないこの場所で、食べ物がある訳でもないテントに1匹の猫。
”ようこそ、そしてよろしくね”
と願っておきました。

そして最終日、展示を終え、冬の寒さから皆さん早めの帰宅の中で、
クマさんと2人、余韻に浸りながら焚き火にあたって話し込んでいると、
いつのまにやら、それを聞きに来たかのように傍らに、また違う1匹の猫。
ちょこんと、おとなしくStaffRoomのドアの前。
”ありがとう。おかげで大成功でしたよ”
と記念にクマさんの携帯電話で撮影している最中に、
「メール受信」
普段、メールをしない教え子からのメール。
今日まで、何のイベントをしているか、
そもそもイベントをしていることも知らない子から。

”クマさん、猫もらってくれない?”

笑わずにはいられない瞬間。
きれいな満月の夜に、きれいなオチまでついて。
まるで、誰かが書いたシナリオのように。
けれど、進んでいくのは僕自身で。

テントはこの冬には、また解体され、ここは冬眠の準備へ。
僕は、ここに踏み記した足跡を抱きしめて、次の一歩へ。

幻の様な4日間。宝物です。


f0011481_22344145.jpg
f0011481_22353558.jpg
f0011481_2236390.jpg
f0011481_22363116.jpg
f0011481_22371188.jpg


Thanks for わんだぁえっぐ と その仲間たち
Thanks for よしこさん&娘たち
Thanks for 親父、おふくろ at 穂高
Thanks for 妻、娘たち at 東京
Thanks for スケジュール調整してくださった皆さん
Thanks for 会いに来てくれた皆さん

ありがとう。
また会いましょう!
[PR]
by ssez | 2009-11-08 23:52 | Life
<< いつものように 安曇野で、やります >>